humor by Hamee(ハミィ)の実機レビュー・レポ

主な機能とレビュー概要

スマートフォンケースメーカーとして有名なhamee(ハミィ)から販売されているUSB-A、USB-C搭載のタコ足配線充電器です。表面だけ見るとUSB専用に見えますが、背面にはコンセントが付属しています。

もともとスマホのようなデバイスを充電することを前提としているようで、表面にスタンドが付属していることが特徴。色はホワイトとブラック、そしてインパクトのあるマスタード色があります。

USB-Cの出力は15Wなので、パソコンを充電したりは向かない点だけ注意してください。

Hamee(ハミィ)
¥3,730 (2021/09/24 05:27:14時点 Amazon調べ-詳細)

外観

表面です。USB-Aの充電器コネクタが4本、USB-Cが1本あります(USB-C、2つに見えますが一つはライトになっています)。

表面には金属製のスタンドが付属しています。

後ろ側はコンセントが3つあります。

背面はゴム足になっていてズレにくくなっています。また、PSEマークや出力についてなどの表記があります。

メリット・魅力

デザイン性に優れたタコ足配線

タコ足配線はどれもデザイン性がイマイチですが、humorは机の上に置いていても主張の少ないスッキリとしたデザインになっています。表面にはスタンドがあるため、スマホを立てかけることができ、机の上に充電ケーブルが散らかることがありません。以下はHuawei P30を立てかけた様子。

以下は横にした様子です。

ゴム足のおかげであまり動かない

タコ足配線のほとんどの弱点がプラスチック筐体でできているため滑ってしまう弱点があります。しかしhumorは背面がゴム足になっており、動きづらい構造になっています(ただし配線が太いためその反力が動くことがあるので注意して下さい)。

カラーラインナップが魅力的

今回購入したものは白色ですが、他にも黒、マスタードのカラーがあります。特にマスタードは他のタコ足配線ではあまり見ない配色なので、カラーを目的に買ってもいいかもしれません。

デメリット・欠点

USB-Cは15Wまで

USB-Cの充電は残念ながら15Wとなっているため、MacBook Airのような30Wの充電ができません。その場合は、別途USB充電器が必要になるので注意してください。

後ろの配線方向が残念

コンセントの配線方向がhumorは真後ろになっています。そのため、壁ギリギリに寄せることができない欠点があります。似た製品でサンワサプライのクランプ固定式のタコ足配線がありますが、この製品のように真下に出ていると使い勝手がよくなるだけにとても残念。また配線がかなり太めなので、取り回し性が悪いことも大きな弱点と言えます。

ケーブルによっては不格好

前面スタンドは便利ですが、Anker Thunderbolt 3ケーブルのように太めのケーブルを使う場合はケーブルが浮いてしまい不格好になってしまう弱点があります。

少し横から見た様子です。ケーブルが浮いていることがわかります。

おすすめの人・環境

机の上にスタンドを置いておきたい人

机の上にスタンドを置いてスマホを立てかけている人は多いと思いますが、humorのタコ足配線を使えば一石二鳥で利用することができます。机の上のスタンドをなくしてスッキリさせたい人には良いでしょう。

マスタードのタコ足配線が欲しい人

humorのタコ足配線のマスタードはかなり珍しい色なので、机の上にアクセントが欲しい人は選んでみても良いかもしれません。色味についてはAmazonのサイトをご覧ください。

Hamee(ハミィ)
¥3,730 (2021/09/24 05:27:14時点 Amazon調べ-詳細)